一般歯科

一般歯科とは

一般歯科とは

歯科にはいくつかの分類があります。なかでも、矯正歯科や審美歯科など特定の技術や知識を必要とするジャンルについては専門の科目として分類されますが、それ以外の、主に保険の範囲内で治療を行うことの多い疾患を扱うのが、「歯科」あるいは「一般歯科」と呼ばれます。 具体的に行われる治療内容は、むし歯全般、むし歯が進んでしまった場合の根管(神経)治療、そして歯周病の治療です。これらが大半を占めていますが、親知らずの抜歯や歯を失った場合の入れ歯といった口腔外科的な治療も、この一般歯科に含まれます。また、当院では、予防治療も一般歯科に含めています。

むし歯治療について

むし歯はミュータンス菌、いわゆるむし歯菌が歯垢をエサに酸をつくり出し、歯を溶かしていく疾患です。初期段階では軽症で済みますが、放置しておくとそのまま歯がどんどん溶けていき、最後は神経にまで到達し、根管治療という難しい治療に至ります。むし歯といえども、状況によっては歯を失うことになりかねませんので早めの対応が必要です。

むし歯の進行と治療

むし歯は自然治癒することはありません。治療しないとどんどん進行する疾患なので、進行段階に合わせた治療やセルフケアが必要です。

  1. C0

    初期むし歯

    歯の表面部分のエナメル質が少し溶けて白濁、または茶褐色になる程度のごく初期のむし歯。まだ痛みはなく、削るなどの治療はしませんが、放置せずに経過観察します。 ブラッシングやフッ素塗布などのケアにより、エナメル質の再石灰化を促し、むし歯の進行を食い止めます。

  2. C1

    エナメル質むし歯

    エナメル質がむし歯菌によって溶かされ、小さな穴があいた状態の中度のむし歯。この段階でもまだ痛みなどの自覚症状はありませんが、進行具合によっては、最小限を削って詰め物をするといった治療が必要です。引き続き、丁寧なセルフケアを。

  3. C2

    象牙質むし歯

    エナメル質の下の象牙質が溶かされ、さらに進行したむし歯。冷たいものがしみる、触ると痛いなどの自覚症状が増してくるので、この段階で食い止める治療を行います。 治療の際、痛みを伴うことから、麻酔をした上でむし歯部分を削り、詰め物・かぶせ物をするのが標準治療です。

  4. C3

    神経に達したむし歯

    象牙質がさらに侵食され、その奥にある神経にまで達した重度のむし歯。細菌による炎症を起こすことが多く、痛みが激しくなり、腫れや膿の症状も。この段階では、いわゆる根管治療を行ってから、可能なら残りの歯を守る治療を行います。

  5. C4

    歯根のみのむし歯

    歯全体がほぼ溶けてしまい、根の部分だけがわずかに残っている末期のむし歯。ここまでくると、痛みを感じないケースもありますが、歯ぐきにまで痛みが生じ、根管治療でも改善しない場合は、抜歯の可能性が高くなります。

当院の診療について

むし歯や歯周病など一般歯科の診療は、患者さまの訴えをうかがい、レントゲン検査などの検査を行います。その上で治療計画を立て、費用の点などを話し合ってから、適切な治療を開始します。

むし歯の早期治療

むし歯は進行性の疾患なので、最初に痛みや違和感を自覚した時点ですぐに来院して治療を受けることをおすすめします。痛みなどを我慢して治療を先に延ばせば延ばすほど、症状が悪化するリスクも増大します。

定期的なメンテナンスで早めに発見して治療を開始すれば、痛みだけでなく、その後の治療にかかる時間も費用も節約できます。

新しい素材や装置を駆使

むし歯を削った部分を埋める素材が進歩しており、現在では「キャドカム(CAD/CAM)冠」というハイブリッド素材が保険適用(一部の歯)になっています。従来は、治療に使用するつめ物やかぶせ物の素材は金属の銀がメインで、その治療工程も手間がかかっていました。いわゆる銀歯は見た目がいまひとつである上に、金属アレルギーの患者さまには使用できないなど難点もありながら、長いこと保険治療で採用されていました。

しかし、キャドカム冠では、コンピューターが患部治療に必要なものを設計、製作するので、診察してからすぐにスピード治療が可能です。天然歯に近い強度もあり、何よりも白い歯を実現できる点がメリットです。トータルではセラミックなどの保険外素材には劣りますが、金属アレルギーもなく、保険治療の範囲内では手軽で優れた素材といえるでしょう。

また、根管治療の際にマイクロスコープ(80倍までの拡大可能)を使うことで、従来なら難しかった細部の治療が容易になりました。治療の精度や可能性が高まる一方で、患者さまの負担は軽くなります。もちろん、歯周病治療などにも活用しています。

当院の歯科治療の特徴

当院では、患者さまが安心して治療を受けていただけるよう、以下の項目に取り組んでいます。

安心の、痛みの少ない治療

「治療が痛いから歯医者はきらい」という人は少なくありません。しかし、そういった状況を改善するために、当院では麻酔に工夫をこらしています。

治療する箇所の歯ぐきには、まず表面麻酔剤を塗り、痛みを感じなくなったところで、痛みを軽減する電動麻酔器でゆっくり麻酔剤を注入。痛みをあまり感じることなく治療に進むことができます。このほかの治療全般においても、なるべく痛みの少ない治療を行うよう心掛けています。

何よりも予防が大切

以前は、むし歯などの疾患に対処するのが歯科医院でした。しかし、そうした状態になる前に、患者さまと歯科医院が一丸となって取り組み、治療が必要にならないようにするのが「予防治療」です。

むし歯にしても歯周病にしても、一旦進行してしまうと治療が大変なだけでなく、最悪の場合、歯を失うことになりかねません。

現在、当院では予防治療に力を入れており、3~4カ月に1回、歯科衛生士による専門的なクリーニングを受けることをすべての患者さまにおすすめしています。加えて、普段のセルフケアをきちんと行っていただくことで、口腔内の細菌の数が一定以下に抑えられ、むし歯や歯周病のリスクを下げることが可能になります。治療ではなく、むしろ予防のために歯科医院に通うという、そんな習慣をぜひつけていただきたいと思います。

deco

お問い合わせは
お気軽に

大和駅周辺で歯医者をお探しの方は、
大和市の当歯科へ
お気軽に
お問い合わせ下さい。

月火水金 9:30~13:30 / 15:00~19:00
土日祝  9:00~12:30 / 14:00~17:00
木曜 休診

046-263-1661