大和東さくら歯科ブログ

小さな埋め込み入れ歯?

みなさん、こんにちは!
大和市にある「大和東さくら歯科」の院長、神賀緑郎です!

前回の記事で、インプラントオーバーデンチャーについてお話しをしました。
これは、埋め込んだインプラントで入れ歯を支えるという治療法で、強く噛める、見た目が良くなる、歯ぐきへの負担を減らすことができるといったメリットがある、とご説明をしました。また、部分入れ歯にも対応できます。

そんなインプラントオーバーデンチャーですが、その中に「ミニインプラント」と呼ばれる治療方法もあるんです。
その名前の通りで、埋め込むインプラントを小さいものに変えるというやり方です。

どうしてわざわざ小さいものを使うかと言うと、この方が手術の負担を抑えることができるからなんです。
患者さんも老若男女さまざまですし、個人個人で身体の作りや考え方にも違いがあります。手術による身体への負担を気になさるようなら、こちらも選択肢としてご紹介できるというわけです。

また、通常のインプラントオーバーデンチャーに比べて、治療にかかる費用を抑えることもできますので、経済的な負担も軽減することが可能です。

もちろん、小さいからと言ってちゃんと機能しないのでは話になりません。
小さいとは言え土台をしっかりと骨に装着させますので、入れ歯で強く噛んだってへっちゃらです。
こういった選択肢もあるということを知ってもらえればと思い、ご紹介させてもらいました。

大和東さくら歯科

deco

お問い合わせは
お気軽に

大和駅周辺で歯医者をお探しの方は、
大和市の当歯科へ
お気軽に
お問い合わせ下さい。

月火水金 9:30~13:30 / 15:00~19:00
土日祝  9:00~12:30 / 14:00~17:00
木曜 休診

046-263-1661