大和東さくら歯科ブログ

歯がしみる原因①

みなさん、こんにちは!
大和市にある「大和東さくら歯科」の院長、神賀緑郎です。

「甘いものを食べて歯がしみる」
「温かいものもでもしみてしまう・・・」
「風にあたるだけしみて痛い。」

歯がしみるけど、我慢できないほどの痛みはないのでそのままにしてる方はいらっしゃいませんか?
それは歯から出ている、なんらかのサインです!!

では、歯がしみる原因とは何でしょう。

何回かにわけて紹介いたします。

虫歯はないのに歯がしみる。
これを「象牙質知覚過敏」といいます。
歯の表面はエナメル質で覆われ、その中に象牙質、神経があります。
このエナメル質が何らかの力によって破壊され、象牙質がむき出しになり、刺激が直接伝わり、それが歯の神経にまで届きます。

次回、エナメル質が破壊される原因のお話をします。

大和東さくら歯科

deco

お問い合わせは
お気軽に

大和駅周辺で歯医者をお探しの方は、
大和市の当歯科へ
お気軽に
お問い合わせ下さい。

月火水金 9:30~13:30 / 15:00~19:00
土日祝  9:00~12:30 / 14:00~17:00
木曜 休診

046-263-1661